脱毛サロン紹介イメージ

気になるニキビの原因

スポンサーリンク

一般的にニキビには“思春期ニキビ”“大人ニキビ”の2種類があります。

ニキビの原因は毛穴が詰まってしまうのが原因でニキビを改善するには詰まった原因をなくす必要があります。

思春期ニキビとは10代にできることを言います。
原因はホルモンバランスの乱れにあり、皮脂の分泌が過剰になることで毛穴が詰まってしまいニキビができてしまいます。

そして大人ニキビはストレスや飲食、睡眠などの生活習慣の乱れによって起こってしまいます。
これにより肌の新陳代謝が崩れてしまいます。
またこれによって古い細胞の層が残ってしまい、肌が厚くなって毛穴が詰まってニキビができてしまいます。

ニキビをケアするには自分の肌がどのようなタイプか知る必要があります。
肌をケアするうえで大きく違ってくるからです。

4タイプ別にみるニキビケア

1.普通肌

普通肌の人の場合、ニキビができにくくできてしまっても治りやすいです。
季節や年齢でも肌のタイプが変わるので注意する必要があります。

2.脂性肌

脂性肌の場合、皮脂が多く水分も多い状態なのでニキビができやすいです。
化粧も崩れやすいので、クレンジングをした後は蒸しタオルで毛穴を開き、皮脂の汚れを取ると効果的に落ちます。

3.混合肌

混合肌の場合は皮脂が多く、水分が少ない状態です。
目元や口の周りが乾燥していて、Tゾーンがべたつくのが特徴です。
洗顔をするときは肌の部分に合わせて洗い方を変える必要があります。
目元や口周りは泡を転がすように洗っていき、Tゾーンの部分は指先で丁寧に洗うと良いです。

4.乾燥肌

乾燥肌は水分も皮脂も少ない状態なので、小じわができやすくとてももろいです。
水分がない状態なので、角質が硬くなってしまいます。
そのため、毛穴が細くなっているため少しの皮脂で毛穴が詰まってしまい、ニキビができてしまいます。
乾燥肌の場合の洗顔は、肌への摩擦をなくすことが重要です。
乾燥肌は少しの刺激でも肌に良くないので、優しく洗っていきます。

スポンサーリンク