女子とも

「目は口ほどにものをいう」という言葉がありますが、「目」には感情をダイレクトに伝えるパワーがあります。
そこで意中の人とよく目が合うようになるおまじないをご紹介します。

スポンサーリンク

おまじないの手順・コツ

1)目をつぶって深呼吸を1~2回繰り返してください。

鼻から息を静かに精一杯4~5秒かけて吸います。
3秒息を止めてから、ゆっくり口から10秒かけて息を吐いてみてください。
気持ちを落ち着けることが目的なので深呼吸のやり方はこだわらなくても大丈夫ですよ。

2)目を開いて、耳たぶの裏を指の腹で優しくこすってください。

血流が集まっている場所なのでリラックスすることができると思います。
そのときの安らかな気持ちをなっているのを感じてください。

3)親指と人差し指のつけ根の間を優しくもみほぐして、心を鎮めてください。

執着する気持ちを手放すような静かな気持ちを感じてみてください。
夜の海の様子など静かなものをイメージするといいかもしれません。

4)再び目を閉じ心の中で「自分のいいところ・好きなところ」を思い浮かべた後に「相手のすきなところ」を思い浮かべてください。

自分の好きなところというのがうまくできないようでしたら、「自分」の中の「相手を好きだ」と思う気持ちを感じて見てください。
この時彼を束縛するような気持ち「この人を手に入れたい」というような気持ちよりも「好きだ」「嬉しい」「ありがとう」という気持ちにフォーカスをあててみてください。

5)目をそっと開けて静かな気持ちのまま過ごしてみてください。

特にかっこつけたりしないでありのままの姿でリラックスしていてください。
そちらのほうが不思議と彼もあなたからのパワーを感じ、目があう回数も増えるでしょう。

耳たぶの裏をこすることで滞りがちな気の流れを正常に戻すことができます。
そして気持ちを落ち着けることで、安らかな「好き」という気持ちを相手に届けることができます。
目があったときに微笑んでみてください。
緊張して目をそらしてしまったときは目をつぶって心の中でありがとうと言ってみましょう。
再び安らかな気持ちになることができて、相手にもその安らかな気持ちが伝わると思います。

スポンサーリンク