シニアイメージ

ご自分に与えられたお体で、一番よい状態としたいものです。
例えば、内臓の1部がなくした場合なども、労わりながらご自分の最高の健康状態としてほしいと思います。
以前の様な体になりたいと、悔やむ気持ちはあります。

スポンサーリンク

人の覇気は、気持ちから

人に1番大切なことは、健康だと思います。

その人の生まれ持った体質、またお体などあります。
障害をもって生まれた方なども、現実いらっしゃいます。
今以上に元気な体になりたいと、誰しも思うでしょうが、現在の体を維持するように努力することは大切ではないでしょうか。
本当は、そのお病気が生活するうえで、治ることがよいのです。

また現在の体のまま過ごし、お身体を労わることが大切と思うのです。
例えばベットでの生活などをしていらっしゃる方も、上半身を動かして筋肉を減らさないことも必要です。
その身体の動きを助けてくれる方がいる場合など、助けを借りてのからだの体操も大切なのです。

杖や押し車など生活にいる場合なども、その助けられるものを使っての動きになります。
やはりお体に負担があると援助されるものを使いますが、筋力を減らさないためにも、無理をなさらないで動く事が大事です。

車椅子生活などのかたも、上半身の体操など、動きをすることで体を保つものです。

普通に家で生活される方も、無理をしないで、家が事などをこなすことが大切です。
一気に用事をすることは、能率も悪くなります。
外人さんは、コーヒーや紅茶などを飲む事で、うまく休息をとる生活をする傾向です。

関節の動かせるだけ、多く動かすことは大切です。
動きの悪い関節があるかたは、無理をなさらないでの動きとなると思います。
体の動きが出来る機能を使っての、少しでも楽しみのある生活にしていただきたいものです。

気持ちに余裕があれば、お風呂に入った時に、手で湯をすくいお顔にジャブとかけたりして、皮膚への美しさも保ってほしいものです。
人は何でも経験することで、理解することができます。
お元気なかたが羨ましいと、感じる気持ちもあると思いますが、毎日に何かの楽しみを持ち、頑張って生活して頂きたいのです。

スポンサーリンク