水晶

苦手な相手と縁を切るおまじない

スポンサーリンク

みんな仲良く暮らしていけたら、それにこした事はないのですが、残念ながら、どうしても仲良くなれない人、打ち解け会えない人は実在します。

いくら自分が苦手な相手だからと言って、表だって遠ざけるなんて出来ませんが、ハッキリ言って関わりたくない、けど、仕事や学校でどうしてもその人と関わってしまう。
そんな人がいる場合に有効なおまじないがあるのです。

しかも、道具などはほとんど使いませんので、お金はかかりませんし、毎日玄関先で行えますので、誰にも見られずにこっそりと行えます。
基本的に、おまじないはあまり人に見られると、良くないものが多いので、このおまじないはやり易いでしょう。

まず、先の尖った物を準備します。

鉛筆、ペン、その他何でも大丈夫です。
ようは先が尖っていて、棒状になっているものです。

それを、毎朝家を出る前に、玄関ドアに向かってまっすぐに立ち、用意した、先の尖った物を手に持ち、苦手な相手や、縁を切りたい人の顔を思い浮かべます。
そして、その人の家の方角に向かって、先の尖った部分で、空中にチェックマークを描きます。
その時に、「シュッ」とか、「シャッ」と、口中から空気と一緒に言葉を発します。

これだけです。

このおまじないが済んだら、普通に玄関ドアを開けて、出掛けましょう。
もし、その人の家の方角が分からなかったら、会社の方向、その人とよく会う場所の方角などでも大丈夫です。

このおまじないは、かなり強力なので、時間はかかるかも知れませんが、少しづつ相手が離れて行くことでしょう。
鉛筆などを使用するときは、先を必ず尖らせて下さい。
ペンなどを使う時は、先が細い物を選んで使って下さい。

一番効果が強いのは、本人の背中に向かって、「シュッ」とやる事ですが、誰かに見られるといけませんし、何よりもおまじないの力が強いので、やらない方が良いでしょう。
あくまでも、自宅で、毎朝こつこつと行って下さい。
そして、もし出来るならこのおまじないをやる前に、その人と何とかわかり会えないか、仲良くなれないか、努力してみて下さい。

スポンサーリンク