ダイエット中に気をつけたいもの

ダイエットを始めた時に、ただ食事量を減らせばいいというわけではありません。
勿論普段から食べすぎの人は要注意ではありますが、もっと大切なことがあります。
量より質を意識した食生活で、健康的にダイエットを始めましょう。

スポンサーリンク

ちょっと意識することで、痩せやすい食生活を

食事を取る時に気を付けたいのが、食べる順番です。
主食の炭水化物、おかずのタンパク質、副菜の野菜やスープ。
同じような食生活のままダイエットをしたいと思うのでしたら、まず副菜から食べるようにしましょう。
そしていつもの食事にプラスするなら断然酵素です。発酵食品や、サプリメントで補うようにします。
それだけで同じ量を食べていても、燃費の良い体になりますので痩せやすくなります。

間食をなかなかやめられないという人は、食べるものの種類を変えます。
スナック菓子や洋菓子が多いという人は、洋菓子よりは和菓子、または果物などに変えます。
どうしても量を食べないと満足できない人は、小さめのおにぎりも良いです。
塩握りは意外と満足感も高く、エネルギーとして使われるのでダイエットの間食向きです。

また食べる時間帯にも気を付けます。夜は7時頃までに食事を済ませます。
あまり遅くに食べたり、夜食を食べることはやめにします。
そして食べる量も、夜は少なめ、朝は多めにします。
お腹が空いて眠れないという時は、夜寝る前にストレッチをして程良く体を疲れさせます。

ダイエットというとハードな運動をしないと効果がないと思っていませんか。
普段運動をしていない人なら、ちょっと運動をプラスするだけで十分効果的です。
いつも車や電車で移動しているという人は、それをやめて徒歩や自転車を利用してみましょう。
歩くということは体にも良いですし、燃焼しやすい体作りには最適なのです。

痩せるという目標を持つこと

ダイエットをしよう、という意識と共に大切なのは、目標を持つことです。
最初から遠い目標を掲げるのではなくて、1ヶ月に1kg、半年で3kgなどハードルを下げてクリアしやすい目標をたてます。
そしてなんとなく始めるのではなく、ダイエットで痩せるという意識をしっかり持つことが大切です。

スポンサーリンク