ダイエット中の食事には気をつけたいものです

最近では、綺麗な女性が増えています

スポンサーリンク

スタイルの良い人も数多く、街を歩けば、モデルや女優のような一般人もいることもあります。
このような女性の中には、普段から食事にも気をつけていると言う人もいるようです。
特に、肉をあまり食べない、ご飯やパンなどの炭水化物を抜くなどのダイエットをしている人も多くいます。

肉を食べない、炭水化物を抜くと言うダイエットですが、一時期ブームとなり、すぐに体重が落ちるので、女性だけでなく、男性でも痩せたい人が行っていたこともあります。
しかし、炭水化物を抜くと言うことは、代謝に使われるエネルギーを減らすことにもなります。

そもそも、炭水化物は、脳などを動かすエネルギーの元となるものであり、炭水化物が少なくなることで、身体の機能が低下してしまうこともあります。
また、炭水化物が少なくなると言うことは、身体も異常が起こったことになりますので、エネルギーが作れないため、反対に炭水化物を消化せず、蓄えてしまう恐れがあるのです。
そのため、返って太りやすくなることもあります。

それに、代謝が落ちるため、身体の機能が低下した場合、血液の循環が悪くなり、冷えなどを起こす原因にもなります。
女性の場合ですと、不妊になることもありますので、注意が必要です。
これらのことから、炭水化物は多すぎても、少なすぎてもあまり良くありません。

肉などのたんぱく質も炭水化物と同様で、エネルギーの元となりますので、全く食べないことは、逆に太りやすい体質を作ってしまう可能性があります。
ダイエットをするにしても、過剰な食事制限は、身体に悪影響となるのです。

けれど、普通に食事をしていても、どうしても痩せることが出来ないと言う人もいます。
そのような場合には、食事の時間を見直しましょう。

食事のエネルギーは、運動することで消費され、体内に溜まらないようにすることも出来ます。
血液中の糖分である血糖値が上がる時には、太りやすくなり、血糖値が下がる場合は、痩せやすくなります。

この血糖値が下がる時間に食事をすることで、痩せやすい身体を作ってくれます。
朝の6時前後、昼の11前後、夕方の16前後が血糖値が下がりやすいため、この時間あたりに食事をするようにしましょう。

その他にも、偏った食事は避けて、何でもバランス良く取ることも大事です。
あまりストレスを溜めず、リラックスしてダイエットを行うようにしましょう。

スポンサーリンク