体重計

激しい運動よりも、有酸素運動がやはり効果的です

スポンサーリンク

ダイエットした時に運動について気を付けること。
それは、激しい運動よりも、有酸素運動がやはり効果的です。

しかし、継続していくには、ジョギングは膝に負担がかかるので、ウォーキングやスイミングをお薦めしますし、筋肉トレーニングも必要なのですが、やりすぎると膝や腰を痛めるので、毎日、腹筋背筋30回などと回数を決めてやるといいでしょう。
あとは、筋肉トレーニングや、有酸素運動のあとに、筋肉は、収縮して硬くなっていますので、必ずもみほぐしをしながらマッサージすることをお薦めします。

筋肉が硬くなっていると、体がつりやすくなるだけでなく、疲れが翌日に残りやすいからです。
運動と、マッサージを組み合わせることで、ダイエットにより効率よく痩せることがでかます。

とくに、お風呂に入った時、お風呂から上がって体が温かいうちに脂肪や筋肉をもみほぐしを行うと、ダイエットの効果は、これをしなかった場合より断然綺麗に体に出ます。
筋肉だけでなく、脂肪も硬いとダイエットにはよくありません。

なぜなら、脂肪は、硬くなっているといくら運動しても燃焼されにくいからです。
これでは、せっかく、ウォーキングやスイミングをして運動してもあまり効果的ではありません。

脂肪を、もみほぐしを行うと燃焼されやすくなり、綺麗に体にラインが出て代謝も上がり、痩せやすくなっていきます。
代謝をあげるために、運動だけでなく半身浴や、反復浴など、入浴時に工夫すると、尚更、ダイエットに効果的です。

半身浴の時にこのマッサージを是非、実戦して欲しいと思います。
有酸素運動、マッサージ、入浴方法を工夫すれば、半年である程度の減量も期待できますし、見た目もかなりスリムになりますよ。

食事制限と運動だけやればいいと思いがちですが、無理な食事制限と運動だけでは、体がボロボロになってしまいます。
運動する、メンテナンスしてマッサージする、入浴方法を工夫する、これを気を付けるだけで、綺麗に体作りしながら、痩せることがでかます。
よろしければ、実戦してみて下さい。

スポンサーリンク