室内エクササイズイメージ

ダイエットをしている人は、いったい何を目標としていますか?

スポンサーリンク

なかなか痩せられない、リバウンドしてしまうという人は、目標設定の仕方が間違っているのかもしれません。
まず、以下のことを試してみてはどうでしょうか。

携帯の待ち受け画面を自分の理想とする体型の画像に設定する

人は無意識に視覚から脳に情報を仕入れています。
一日に何回も目にする箇所に理想像に近しい画像を貼りましょう。

理想とかけ離れて苦痛を感じる画像はやめましょう。
見ていて心地よくなる、こんなスタイルが好き、こういうスタイルが好きだ。
この足と靴のバランスがいい、など好意を持てる画像にしましょう。

上半身しんだけではなく全身の画像が好ましいです。
携帯画像の他に、キッチンの壁、トイレの壁などです。まずは姿勢や服装が画像を意識するようになっていきます。

生活リズムを決める

正月太りは豪勢な食事も理由となりますが、仕事がなく、余裕があって特に予定がないことで食べることに走ってしまうことが理由ともなります。
休みの日であっても、なにも考えることがないような1日にせず、スケジュールをたてましょう。

スケジュールといっても、勉強をする、仕事をする、タスクをこなすというような内容よりも、映画を見る、漫画をレンタルする、複数名の友人と連絡を取ってみるなどやや外に向けた内容にすると良いでしょう。
人と関わり、人に好かれたいと思うことでダイエットが生活の一部になりえます。

食事はカロリーに低いものから食べるなどして、食事内容を少しづつ変えていきましょう

ストレスが溜まるとたくさん食べてしまいがちですが、そういうときはサラダやこんにゃくなどカロリーの低いものを先に食べるようにしましょう。

まず、いきなり量を減らしたり、極端なダイエットをするとしんどくなってしまいます。
食べる順番を変える、野菜の常備を増やすようにする。

お昼余裕あるときはお弁当にする、甘いもの、脂っこいもの、糖質は最後に回すようにしましょう。
また、完食は無理してがまんせず、チョコレート少し、飴を2、3個食べるなど、量を抑えられるタイミングで摂取しましょう。

スポンサーリンク