ダイエット中に気をつけたいもの

美味しく食べながら、栄養素をバランスよく摂ることが賢いダイエット

スポンサーリンク

ダイエットの基本でもあり、ダイエットを行う人の多くが取り組むことが食事制限です。

痩せるために摂取カロリーを抑えることは重要ですし、食事量を減らすダイエットは短期間で高い効果が得られるため、多くの人が飛びつきやすいダイエット方法といえるでしょう。
しかし、痩せるために絶食に近い形で食事制限をすることは美容にも健康にも悪影響をおよぼすこととなります。

栄養を取らなければ血色が悪くなりますし、ストレスが溜まり肌荒れやダイエット終了後のリバウンドの原因にもなります。
健康的に痩せるためにも、タンパク質やビタミン、ミネラルや食物繊維などの栄養素をしっかりと摂ることが重要となるのです。

一日1500キロカロリーを目標にしましょう

成人女性の場合、一日の摂取カロリーの平均はおよそ2000キロカロリーだと言われています。

年齢や身長・体重、ライフスタイルなどによって必要な摂取カロリーは変わってきますが、一日1500キロカロリーを目標とすることで多くの人が無理なく痩せることができるでしょう。

三色の食事のカロリーの分配は、一日の活動が始まる朝に多くし、夕食を少なめにすることがポイントです。
おすすめの割合は3・4・3で朝食と夕食のカロリーは450キロカロリー、昼食を600キロカロリーを目標とするとよいでしょう。

ダイエット中にお肉が食べたくなったら

ダイエットの大敵である脂質を多く含むお肉ですが、ダイエット中でも食べたくなることはあるでしょう。
そんな時は食べるお肉の部位や調理方法を工夫することで問題なく食べることができます。

鳥のささみや皮を取り除いたむね肉であれば脂質はあまり含まれていないので、ダイエット中でも食べることができます。
鶏肉の場合脂質の大部分は鶏皮部分にありますので、ダイエット中は鶏皮を取り除いて調理をしましょう。

また調理方法は油を使わず茹でたり蒸したりするのがヘルシーな調理方法としておすすめです。
味付けは濃くしてしまうとご飯が進みやすくカロリーオーバーの原因となるので、レモン汁や梅肉などを活用してさっぱりとした味付けとするのがおすすめです。

まとめ

調理方法を工夫したり、摂取カロリーを意識して食事をすることで誰でも簡単に無理なくダイエットはできます。
食事のあり方を工夫して、無理なく健康的なダイエットを心掛けましょう。

スポンサーリンク