お箸

ダイエット中の空腹から逃れる方法とは?

スポンサーリンク

人の体のメカニズムというのは、一日24時間の中でも、同じ食事をとっても、摂取カロリーが異なるという不思議さを持っているものなのです。

というのも、世間でよく言われている夜食は、太るので、午後9時以降は、何も食べてはいけないという事と同じ理由です。
つまり、人の朝からの動きの量によって、同じ量の食事をとっても、太る時間と、太らない時間帯があるのです。

例えば、朝は起きて、出勤準備をするだけの体力の消耗ですから、朝食は、しっかりと、野菜等を摂り、パンはうす切れ一枚程度にしておく。
夕食は、出来る事ならば、余り、体力を消耗しない就寝時間の3時間前位には必ず終えている事がベストで、就寝前ギリギリの間食はお勧めできないのですが、どうしても、口淋しい時には、一番カロリーの少ない、和風だしの中に、梅干しを一個と、とろろ昆布を入れたお吸い物をたっぷり頂きましょう。

そうすると、満腹感もあって、ダイエット中の空腹から、逃れる事ができるのです。

最後は、肝心の昼食時間帯のお薦め時刻です。
朝には、炭水化物は薄いパンだけ。
夕食も、炭水化物を禁じたダイエットをしている人が多いのですが、昼食は、一日中で、一番、体力を使う時間帯ですから、自分の好きな品を摂るようにしないと、ダイエットは、継続出来にくいのではないでしょうか。

といわれても、思いっきり食べるなんて、本当に大丈夫かと不安になられる人に朗報です。
社会人として勤務している人で、昼食時間が、午後1時までに終了の人は、休日には必ず実行してください。

そして、昼食時間に自由がきく人は、午後2時辺りに食事を摂って下さい。

つまり、人の体というのは、午後2時辺りが、一番、カロリーの吸収力が低下しているので、ある程度の量を食べても、夕食や夜間の吸収力に比べて、太りにくいという事なのです。
午後2時辺りというのは、これから子供の世話に走る主婦や、社会人の仕事場でも、一日の内で、よく体を動かして居たり、脳を使っていたりする時間帯の中に入るので、大好きな白米等の炭水化物を獲れる時間なのです。

急激な体重減で、体を壊す事なく、一か月に2キロから3キロ減をめざし、継続するには、3食の食べる時間帯と、昼、朝、夜と言った順番で、食事制限をしていくと、苦痛なく、目標に向かっていけると思いますよ。

スポンサーリンク