夏のスキンケア

無理することなく続けられるダイエット

スポンサーリンク

ダイエットとなるとジムや水泳を思い浮かべがちですが、これまで運動をしてこなかった人間が急激に激しい運動を始めると、筋肉がつき代謝がよくなりますが、運動をやめた時の反動が大きくあります。

また、激しい運動を仕事をしながら長く続けることは、よっぽどの強い意志がないと難しいといえるでしょう。

そこでお勧めなのが、ウォーキングです。
日頃の生活の中にちょっとした運動を取り入れることはあまり難しいことではありません。

その際のポイントを3つご紹介します。

無理しないダイエット運動のコツ3つ

1.階段を使う

通勤や通学の往復をあえて遠回りをして歩いたり、2階以上の階に登るときにはなるべく階段を使ったり、駅のホームへの移動を階段でするなどです。

普段、「疲れるから」、「面倒だから」とついエスカレーターを利用するところを階段で行こうと小さな決意をするだけでいいのです。
また、階段を登るときはなるべくつま先で登ることを心がけましょう。
そうすると、ふくらはぎや足首を引き締める効果があります。

2.なるべく20分以上歩く

通勤や通学で最寄りの駅まで徒歩20分以内の場合でも、遠回りをするなどしてなるべく20分以上歩くようにしましょう。

運動による脂肪の燃焼は20分以上経過してから始まるといいます。
そのため、通勤の際の徒歩時間は片道当たり20分以上となるようにしましょう。
また、歩行をする時、無意識のうちに腕の振りは前方に大きくなっていることが多いといいますが、ウォーキングの際には腕を後ろ側に振ると二の腕の引き締めに効果があります。
なるべく後ろ側に腕をふるようにしましょう。

3.ハイヒールの靴を履く

ハイヒールは足の形を変形させてしまうと思われがちですが、ハイヒールを履いて歩行をするとウエストに引き締め効果があります。

実際に歩いてみるとわかりますが、ハイヒールを履いて歩くとウエストがねじれるような動きをします。
そのため、歩いているだけでウエスト痩せの効果を期待することができるのです。

スポンサーリンク