ジョギングイメージ

ダイエットといえば運動

スポンサーリンク

ダイエットといえば運動を思い浮かべる人は多いと思います。

実際、運動によって消費カロリーは増えるので、食事量を抑えずとも痩せれるはずです。
しかし、ただ単に運動するだけでは痩せ始めるまで時間がかかる上に、挫折して運動を止めてしまった時にリバウンドする可能性があります。

1.筋肉量を増やして基礎代謝を上げる

痩せる運動の代表格と言えば、ジョギングやウォーキング等の有酸素運動があります。

有酸素運動は体内の脂肪の燃焼を促し、痩せる事ができます。
しかし、それでは常に有酸素運動を行う必要もありますし、止めてしまった時に消費カロリーが元に戻り、リバウンドをする危険性があります。

そこで、まず筋肉トレーニングを行い、日常の生活で消費するカロリー、つまり基礎代謝を上げる事が大事です。
基礎代謝を上げる事により、太りにくく、また痩せやすい体質を作る事ができます。

そうする事で、何らかの事情によって運動を続ける事が難しくなり、止めたとしてもすぐにリバウンドする事はありません。

女性の方で筋肉トレーニングをする事で、見た目が筋肉質になってしまうのではと心配される方もおられるでしょう。

しかし、女性の場合、多少筋トレした程度では見た目が大きく変わる事はないので安心して下さい。

2.無理のない有酸素運動を

基礎代謝を上げるだけでも、効果はあるのですが、ここに有酸素運動を組み合わせると更に効果は上がります。

ここで気を付けて頂きたいのは、無理せず必ず自分のペースに合わせる事です。
今まで運動をせずに、無理にいきなり走り始めたりすると、必ずと言っていい程、体を壊すことになります。

ジョギングをしようと決意しても、まずは短い距離をウォーキングする等して、体を慣らしていく事が大事です。
そうして、徐々に運動の強度を上げていくのが良いでしょう。

3.モチベーションを維持する

運動によるダイエットは苦しいものです。

運動を続けるモチベーションを保つ方法で、運動を音楽を聴きながら行ったり、ジョギングやウィーキングのコースを週替わりにするというのもあります。
毎日、決まった時間に体重を計り、それを記録するというのもいいでしょう。

モチベーションを維持し、運動を継続させる事もダイエット成功の大事な要因の一つです。

スポンサーリンク