室内エクササイズイメージ

ダイエットに必要不可欠な運動

スポンサーリンク

脂肪燃焼には有酸素運動が良いという事はわかっていますが、ウォーキングやスイミング等の有酸素運動は外に出かけなくてはならなかったり、時間も取られてしまうので、小さなお子さんのいる主婦やお仕事をされている方には継続するのが難しく、数日で挫折をしてしまった・・という話を多く聞きます。

そこで、自宅から出ずにできるお勧めの有酸素運動がスクワットです。
スクワットと聞くと「スクワットって筋トレじゃないの?」と思う方が多いと思いますが、スローペースで多くの酸素を体に取り込むように行うと立派な有酸素運動になります。

初心者の方にははじめは5回でもきついと思いますが、5回しか出来ないのであれば1日に10セットを目標に、とにかく毎日継続する事が大切です。
ただし、スクワットも正しい方法で行わないと効果が出ないばかりか、膝等を壊してしまう事にもなりかねません。

スクワットのポイント

正しいスクワットのコツをまとめてみますので、参考にしてみて下さい。

  1. 足を肩幅に開き、つま先は正面を向くように立ちます。
  2. 手はまっすぐ正面に伸ばすか、頭の後ろで組みます。初心者の方は頭の後ろで組むやり方の方が簡単かと思います。
  3. 鼻でゆっくり息を吸いながら、ゆっくり腰を下ろす。椅子に座るようなイメージで、膝がなるべく前に出ないようにします。
  4. 太ももが床と水平になるくらいまで腰が下りたら、口でゆっくり息を吐きながら立ち上がります。膝に負担がかからないよう、太ももの筋肉に意識を集中して行うのがポイントです。

出来ることであれば、ゆっくり15分ほど続けるとより効果が感じられますが、まずは少ない回数、少ないセット数でも毎日続けることが何よりも大切です。

筋肉量が上がれば、その分代謝が上がり、カロリーを消費しやすい体になります。
膝等に痛みを感じるようであれば、無理に続けないようにして下さい。

スポンサーリンク