キレイな肌

年齢を重ねる事で、できるシワもあります。
毎日のお手入れで、大きなシワなどつくりたくないものです。

シワの原因として、紫外線や栄養の不足、ストレス、睡眠などあります。
お顔の表情の癖などで、できるシワなどもあります。

スポンサーリンク

シワをつくらないためにも、お顔の筋肉はゆるめたくないものです。

お顔のシワは、つくりたくないものです。
シワの種類は、色々なタイプがあります。

「表皮シワ」と言わ」れるお肌の奥の真皮まどには、達しませんが、皮膚表面が水分不足となり、細かいシワとなります。
他には、「加齢シワ」とよばれるもの、「表情シワ」もあります。
また、「真皮シワ」は、肌の表皮の下にある真皮層で、コラーゲンの減少や弾力が失われる事で深い溝ができるものとなります。
ちりめんジワには、大きなシワとならないように心掛けたいものです。

またできてしまったちりめんジワの原因になるのは、皮膚の弾力を保つコラーゲンの再生が衰えてしまうことです。
ちりめんジワには、乾燥ケアは必要となり、保湿力の良いクリームもおススメです。
お肌の乾燥は、シワの元となります。

保湿力抜群の美容オイルは、ちりめんジワの効果も感じるものとなります。
またお化粧のあとの、しっかりクレンジングも、シワ対策として大切です。
年齢や乾燥に負けない肌をつくるには、お肌と同じ状態の生コラーゲンの高い保湿力のあるスキンケアクリームもおススメします。
また、小じわやちりめんジワには、寝ている時の、ホットアイマスクという効果を感じるものがあります。

目元の血行を良くしてくれるため、目元の小じわのスキンケアに使うこともお薦めします。
シワをつくらないために、一番大切な事として、お顔の筋肉をゆるめないことです。

表情筋体操として、「あ い う え お」の母音発音トレーニングがあります。
お顔の複数の筋肉を効率的に動かす事によいのです。
笑顔となり、シワをつくらないためにも、おススメします。

夜にトマトを食べることなども良いのです。
トマトの栄養価がお肌にたどりつくまでには、6~8時間と言われる為なのです。
紫外線とシミの関係もありますが、シワとの関係も深いものとなります。

スポンサーリンク