洗顔する女性

肌を美しく保つ上で美白は欠かせないと思います。
しかし日々の生活の中で紫外線の刺激を避けるのはとても難しいことでもあります。
そこで美白に効果のある化粧品を選ぶことが美白で美しい肌を作るためには重要になってきます。

スポンサーリンク

ビタミンC誘導体とハイドロキノンの美白効果とデメリット

美白効果の高い成分として最も有名なのがビタミンC誘導体とハイドロキノンと呼ばれる成分です。

まずビタミンC誘導体はビタミンCを肌に浸透しやすく改良したものです。
なので効果はビタミンCとほぼ同じで、肌に浸透するとメラニンの抑制などの美白効果が期待できます。

しかしビタミンC誘導体は美白予防に効果的な成分なのでシミや濃いくすみなどは改善されにくいと言われています。
なのでシミなどを改善したい場合にはハイドロキノンと呼ばれる成分がおすすめです。

この成分は肌の漂白剤とも呼ばれており、メラニンの抑制の他にもシミやくすみなどを消す効果も高い成分です。
なので美白予防をしたい人にはビタミンC誘導体、シミなどの改善などの効果がほしい人にはハイドロキノンがおすすめと言えます。
しかしこの二つの成分には美白に関してはメリットは大きいですが、デメリットも存在します。

それは保湿効果が低いということです。

たとえば化粧水にこれらの成分が配合していたとしても蒸発が早いので、塗ってすぐに皮膚がつっぱるような感覚になることがあります。
また肌に元々あった水分と一緒に蒸発してしまうので肌が乾燥してしまう恐れがあります。
使用する場合には気になる部分に塗ったり、この化粧水とは別に保湿効果の高いものも同時にその上から塗ってあげると良いでしょう。
また敏感肌の方などの肌が弱い人は炎症なども起こしやすいのでそういった点でも注意は必要な成分です。

美白効果のある化粧品は多く市販されていますが、ビタミンC誘導体やハイドロキノンのように美白効果があっても肌に悪影響を与えることもあります。
なのでまずは自分の肌質などもきちんと把握しておくことが美白関連の化粧品を選ぶ上ではとても重要になるのです。

スポンサーリンク