洗顔する女性

日本女性の永遠の憧れである「白く美しい肌」

スポンサーリンク

「美白ブーム」と言われる時期を経て、「美白」というものは、いまや日本女性の肌にとって定番とも言えるのではないでしょうか。

小さな頃は夏場に真っ黒に焼けても、冬がくればまた白く戻っていた肌。
しかし、多くの人は年々元の肌色に戻りにくくなり、おまけに「くすみ」まで出てきて、なかなか理想の「美白」を手に入れることが難しくなってきます。

では、どうすれば理想の美しい白い肌を手に入れられるのでしょうか?ひとつは、「これ以上日に焼けないこと」…これに尽きます。
日に焼けるから肌は黒くなる、ならば、日に焼けない生活をすれば肌がこれ以上黒くなることはありません。簡単なことです。今の肌を嘆く前に、まずは「日焼け対策」を徹底しましょう。
「日焼け対策」を徹底しなければ、「美白」を目指して行うケアも、全く意味がありません。

具体策として、一年中日焼け止めを塗りましょう。春夏秋冬、季節は関係ありません。
毎日日焼け止めを塗ります。肌が弱い人も、SPFの低いものをこまめに塗り直します。
お仕事で日焼け止めを塗りなおすことができない人も、UVカット効果のあるパウダーをこまめにはたくだけでも効果があります。

また外出時には必ず日傘を差し、紫外線を極力カットしましょう。
瞳から入る紫外線も、脳が認識し、メラニンを生成させ肌を黒くしてしまうので、UVカット効果のある色の薄いサングラスをかけましょう。
色の濃いものだと瞳にたくさんの紫外線が入ってくるので注意です。

ポイント1

「美白」に日焼けは禁物!まずは、日に焼けないために、日焼け止め、日傘、サングラス、帽子、長袖等で紫外線を物理的にシャットアウトして、しっかり「対策」しましょう。

「日焼け対策」が完璧にできたら、次は今の肌の色を白くすることを目指します。
肌のトーンをあげるには何と言っても「ビタミンC」です。肌には「ビタミンC誘導体」の入ったものを使いましょう。シミの予防や、色素沈着、くすみに効果が期待できます。
他にも「アルブチン」や「トラネキサム酸」等、肌のトーンを上げて白い肌に導く成分はいくつかあるので、「ビタミンC誘導体」と合わせ、自分の肌に合ったものを使用し、外から「美白」を目指します。

そして忘れてはいけないのが、体の内側からの「美白」です。
多方面からアプローチしていくことで、より理想の白い肌に近づけます。もちろん、体の中でも「美白」に効果的な働きをするのが「ビタミンC」です。
サプリでももちろんいいのですが、サプリの中には長期利用すると、人によっては内臓に負担がかかってしまうこともあるので、なるべく食べ物から摂ることを、お勧めします。
しかし、普段食べる食べ物から得られる「ビタミンC」にも限りがあり、たくさん摂取することも難しいですよね?こんなとき、「ビタミンCの爆弾」と呼ばれる「ローズヒップ」の出番です。
ローズヒップティーはその出し殻の実まで食べて、余すことなく「ビタミンC」を摂取しましょう。
また、「ビタミンC」は排尿で一緒に出て行ってしまうので、いつも体を「ビタミンC」で満たすために、少量をこまめに摂取するようにしましょう。

ポイント2

肌のトーンを上げ、日焼け肌、くすみ肌を解消するには「ビタミンC」!
体の外からも内からも「ビタミンC」で透き通る白い肌を手に入れましょう。

まとめ

これ以上肌のトーンを暗くしないための「日焼け対策」を徹底し、暗くくすんでしまった肌を元に戻すための救世主「ビタミンC」を効果的に使うことで、自分の本来の肌の白さを取り戻しましょう。

スポンサーリンク