髪艶イメージ

効果的なシャンプーの方法

スポンサーリンク

日ごろのシャンプーの方法は、正しいと言われることを実践しているというだけでも髪の質感がアップします。
忙しいとざっと髪のよごれが解消できればすっきりするし、丁寧なヘアケアというところまでにはならなかったりします。

そういう時にはまあこんなものとしていますが、お休みの前日など時間があるなら少しは普段のパサつき対策に効果的な方法でシャンプーしてみましょう。

ヘアケア製品としてはセレブな高級感のある小瓶に植物成分などのエッセンス、これをシャンプーにプラスしてもっちりと盛りだくさんの泡を作ります。

たっぷりの泡で髪に潤いを

これには泡立てネットというのが必要で、シャンプーとエッセンスで洗面器いっぱいになるくらいの分量の泡を作っておきます。
シャンプー前のすすぎも怠らず髪をいたわりながら、泡立てた十分な泡を髪にのせて全体的にのばしたら、スカルプケアと円やらせんを描くようにして頭皮に。

もっちりの泡で髪を包みこむようにするのが、なめらかな髪になるポイント、すすぎもシャンプーの成分が残らぬようしっかり。
あとは通常のようにコンディショナーかトリートメントで髪を保護してあげる仕上げとします。

このエッセンスは頭皮をすこやかにして頭皮の乾燥の手入れにもなり、毛穴よごれもクリアになるので栄養分がきちんとしてきれいな髪にしてくれます。

中高年となると髪にボリューム感が不足しがちになるので、栄養分補給できるように頭皮の環境をこうして整えます。
アンチエイジング年齢では顔の雰囲気も外見で気になるところですが、つややかできれいな髪になっていることも少しは若々しくみえるコツと思いますよね。

こんなふうにケアができるのは一か月に2回か3回くらいのもの、普段はシャンプーそのまま髪にとするのでなく、手のひらで泡立てから髪にのばすなど一応の心づかいしながら。
ブローするときのエッセンスもかかせない、ヘアケアはファエイスケアよりも丁寧さが必要ですね。

スポンサーリンク