シニアイメージ

オプティマル・エイジングとは

スポンサーリンク

社会が高齢化してゆく中でアンチエイジングという言葉はよく耳にしますが、アメリカで注目されているのはオプティマル・エイジングと言う考え方です。

オプティマル・エイジングはこのように定義されています、

living at the highest potential that is possible, given each older adult’s life pattern, physical and mental reserves, functional ability, social context, and environmental influences(オプティマル・エイジングとは、高齢者個人個人の生活パターン、身体的なまた精神的予備力、機能的能力、社会的な関わり、そして環境から受ける影響を考慮し、可能な限り高い質の生活を送ること)

(参照URL:http://www.olderadultfocus.org/Optimize/optlearn.htm)

アンチエイジングを訳せば「抗加齢」ですが、オプティマル・エイジングは「最適な加齢」、つまりその年齢で最良な生活を送ることであり健康や美しさ、精神的能力、社会との関わりなども含まれます。

今までのアンチエイジングは「加齢=悪いこと」という考え方に基づいていましたが、オプティマル・エイジングでは「加齢=自然なこと」と捉え、その過程でいかに最良の生活を送るかと言う点に焦点が置かれています。

これは大きな視点の変換と言うことができるでしょう。

女性はいつまでも若く美しくありたいと願うもの、しかし現実には私達の身体は年齢を重ねるものです。
シワやシミ、女性なら誰でも望まないものですよね。

これに対してアンチエイジング的見方をするなら「悪いものだから除去しなければ」となり、形成手術やレーザー治療や何らかの対処が必要になります。
しかしオプティマル・エイジングでは「自然なものなのだから、少しでも良くなるように、またこれ以上悪くならないように」と考えられるのです。

私達にとってはオプティマル・エイジングの方が気分が楽になりますよね。
「年相応に」または「自分の年齢では最高に」美しくあればいいのです、シワ取りのレーザーやフェイスリフト手術は必要なくなるからです。

アンチエイジングでは「若さ」のみが強調され自然の摂理である「加齢」に抵抗するのに対し、オプティマル・エイジングは加齢によって積み重ねた経験や長年かけて作り上げた人格など「人としての厚み」が強調されます。

これからの高齢化社会にはアンチエイジングではなく、オプティマル・エイジング的な考え方がより必要になってくるでしょう。
そしてオプティマル・エイジングの方が、私達も肩の力を抜いて人生を楽しむことができるはずです。

スポンサーリンク